トップ > NICTのイベント > 平成25年度 > その他 > ベンチャーキャンプ > 開催報告

起業のための心構え、事業計画の立て方を学ぶ セミナー「アントレプレナーの起業戦略」 〜 開催報告

日時 2013年8月5日
場所 大阪商工会議所

アイコン概要

独立行政法人情報通信研究機構では、総務省近畿総合通信局、大阪商工会議所と共催で、情報通信技術(ICT)を活かしたビジネスアイデアをお持ちの起業を 志されている方、創業後3年程度までの方を対象にした、3段階で事業計画(ビジネスプラン)の立て方を学び、ビジネスにおけるプレゼンテーショ技術の向上 をめざすプログラム「ベンチャーキャンプ2013」を開催しました。

 

ベンチャーキャンプ2013(大阪)STEP1

  

STEP1 起業のための心構え、事業計画の立て方を学ぶ セミナー「アントレプレナーの起業戦略」

■スケジュール

  • 14:00 挨拶 総務省近畿総合通信局 情報通信部長 笠木繁樹 氏
  • 14:05 講義「アントレプレナーの起業戦略」
    • 株式会社イーサーブ 代表取締役・公認会計士 鈴木邦明 氏
  • 16:50 開業支援制度の紹介
    • 大阪府 商工労働部 商工振興室 商業・産業サービス課
               新事業創造グループ 総括主査 福間明子 氏
    • 大阪商工会議所
           中小企業振興部 経営相談室 課長 大西奈緒美 氏
 

ベンチャーキャンプ2013(大阪)STEP1(鈴木氏)

■講演概要

  • 起業家精神について
  • 経営者として成功する人について
    「人在」(指示待ち人材)は6割、「人罪」(能力はあるが積極的に発揮できず周囲の文句を言う人材、能力の低い人材)は2割、「人財」(自分と周囲の目標設定を行い、それに向かった管理ができる人材)は2割。
  • 「人財」は先見性、分析力、ストーリー構成力、意思決定能力に長ける。
  • 失敗する人は「会社の看板で初めて活躍できたのにその事実に気付かない人」、「見栄を張る人」、「気配りができない人」、「起業理由に問題のある人」、「理念が先行し過ぎる人」、「一途で頑固な人」が特徴。
  • 法人形態の特徴について
  • 事業を成長に導くための起業戦略について
    KPIは「品質」、「スピード」、「コスト」、「ネットワーク」の4つの項目からなる。
 

ベンチャーキャンプ2013(大阪)STEP1(講義)

  • それに対し「開発」、「マーケットイン」、「管理」、「資金調達」との関係性を分析し、起業に向け検討すべき事項を考える。
  • 売上見込みの考え方について
    「顧客層」・「テリトリー」の特定、「潜在マーケットサイズ」の推定、「ターゲットマーケット」の特定を行う。次に、競合分析を行った上で、マーケットの優位性を特定する。最後に、プロモーション手段を考える。
  • 資金調達について
    CF、B/S、P/Lの考え方を理解し、月次決算書を作ることを習慣付けることが重要である。また売掛金、買掛金と回収・支払いにタイムラグが生じることを理解する。
  • 起業に向けて
    ビジネスモデルを構築し、セグメンテーション&ターゲティングを行い4P分析をしてマーケティングプランを練り、「損益計画」・「資金計画」・「損益分岐点分析」について各計画を作成して初めてビジネスプランが完成する。

■今後のスケジュール

  • 【STEP2】 2013年8月21日(水) 14:00~17:00
  • 【STEP3】 2013年9月 7日(土) 10:00~ 9月8日(日) 17:30

※プログラムは次の 3 段階で構成されています。「STEP1」と「STEP2」は単独で受講できますが、「STEP3」の参加は、「STEP1」と「STEP2」の受講が必須となります。

■e-かわらばん近畿

  • 8月23日 第151号 :ICTベンチャーの起業を支援! ベンチャーキャンプ2013開催 (PDF:1.60MB

    eかわらばん近畿 151号(2013.8.23)