トップ > NICTのイベント > 平成24年度 > ENTRY > 平成24年度 会津産IT技術認... > 開催報告

平成24年度 会津産IT技術認定会議 〜 開催報告

会場全体 講演を行う保科氏
日時 公募期間:平成24年10月1日(月)~11月15日(木)
 表彰式:平成25年1月17日(木)
場所 公立大学法人会津大学

アイコン概要

平成24年12月20日に行われた会津産IT技術認定会議において、大賞を受賞した株式会社Gclue及び会津大学大学院の相田氏、奨励賞を受賞した株式会社会津ラボの授与式が行われました。

【大賞】

  • 株式会社GClue 「iOS連携ハードプラットフォーム」
  • 会津大学大学院 コンピュータ理工学研究科 博士課程後期2年
     「座位姿勢角度計測iOSアプリケーション”S.P.M.i”シリーズ」

【奨励賞】

  • 株式会社会津ラボ 「スマートフォン向けアプリ"ご当地観光指さしナビ"」

賞を受賞した株式会社GClueには3月8日(金)に行われる情報通信ベンチャービジネスプラン発表会 への参加権が与えられ、同じく、大賞を受賞した会津大学大学院相田氏には3月7日(木)に行われる起業家甲子園 への参加権が与えられており、両者とも参加予定である。

IMG_1870s

また、同認定会議に審査員として参加した独立行政法人情報通信研究機構ICTメンタープラットフォーム メンターの保科剛氏(日本ユニシス株式会社 最高技術責任者)が「情報技術の変遷と今後の展望」というテーマでコンピュータ及びネットワークの歴史についてどのような変化が起きてきたのかを整理し、その変化が約20年間を一区切りとして発生していると説明した。また、これまでのコンピュータ及びネットワークの各年代の特徴を踏まえ、今後起こり得る変化の可能性についてお話頂いた。

IMG_1878s

 

IMG_1874s

「情報技術の変遷と今後の展望」というテーマに講演する保科氏

 

保科氏の講演を熱心に聞く参加者

アイコン 参加者からの声

  • これからも会津から新しい技術、賞品、サービスを開発し、東京や世界に届けて行きたい。
  • 今回のコンピュータの歴史について整理して頂いた内容は今後のビジネスを検討するうえで、とても参考になった。3Dプリンタなど、これからの可能性が感じられるものについて今回の説明を元に検討してみたい。